fc2ブログ
  • きれいなけしき!?
    ここはこうべし、すみよしがわ。ぼくはかわせみ。みんなのにんきものさ。これからすみよしがわをあんないするね。きれいなけしき!どう、きれいでしょう。ぴょんぴょんあるいてむこうぎしへわたれるよ。きれいなけしき。ちょっとおおきくするね。きれいなつつ。ぼくのいろみたいだね。きれいなけしき。ちょっとおおきくするね。きれいなおはなかな。あかいいろやあおいいろ。きれいなけしき。ちょっとおおきくするね。しろいうわぎ...
  • 呉越同舟、フェレンツ・フリッチャイのチャイコ5
    このレコード、再登場です。https://sansuica3000.fc2.net/blog-entry-429.html当時は(4年前ですが)若気の至り。説明が拙かったです。改めて、ジャケットを紹介しましょう。これです。フリッチャイ指揮ベルリンフィルのチャイコフスキーの交響曲第5番です。モノーラル。デッカ盤。ジャケットは分厚いボール紙。というと、あれっとなるかも知らないです。ドイツ・グラモフォンの録音ではないの? 別録音?いえいえ、同じ録音で...
  • 火災のくささ (大阪市此花区の舞洲の火災)
     昨夜、仕事を終えて自宅への帰途、歩いていて異様なくささに気づいた。 なんだろう。このビニールを焼いたやなにおい。 と思ったが、ここらへんでたき火をしているところは見当たらない。  なんかいやなにおいがするなと思って、帰宅したら、家人が窓を開けていた部屋にへんなにおいがするという。ビニールが燃えたような・・・・・・。 そこで、いろいろとぐぐってみた。「神戸市 火事」ヒットせず。「兵庫県 火事」これもヒッ...
  • カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団
     カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団のレコードは、中学生の万博の頃、クリスマスにピーターとおおかみを買ってもらった。B面にはスッペの軽騎兵序曲やモーツァルトおとっつぁんのオモチャの交響曲などがあり、つまり、ぼくは音楽は奥手でした。  それが、学生時代の後半にマーラーとブルックナーに夢中の友人が出来て、しかも彼はメチャクチャ親切にいろいろ教えてくれたものだから、こんなふうになりました。彼に感謝感謝...
  • ギーゼキングのベートーヴェンは・・・・・・
     昨日、ワルター・ギーゼキングのシューベルトの即興曲のCD(ワルター・ギーゼキングの芸術 シューベルト・メンデルスゾーン・シューマン・ブラームス・グリーグ篇に収録の一枚。1955年録音、1993年の国内盤)を聴いて、綺麗だなと思った。 吉田秀和も『世界のピアニスト』で音が綺麗だというのを第一に挙げていた。 しかし、録音は1956年までである。ライナーノートによるとベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集を録音中に猛...

プロフィール

hylaschlegelii

焦らず、気取らず、のんびり構えられたらいいな。シュレーゲル雨蛙のつぶやきです。
なお、シュレーゲル雨蛙は実在しません。シュレーゲル青蛙は実在します。でも、ここにぼくは実在できる。ウェブ上とは、そういう時空だ。その意味で、「昔話」に似ている時空としてウェブを考えます。でも、世間は世間話、伝説と捉えていくことも多いでしょう。実際、虚実皮膜の間ということはある。けれども、ことばはことでなく、ことばです。ここでのぼくは、ことばだということをご理解ください。言わずもがなの「ことば」だけれど、蛙の分際で蛇足を加えました。

キーワード
口承文芸研究・昔話研究・児童文学・国語科教育・領域「言葉」・クラシック音楽・オーディオ・アナログレコード、そうして与太話